栄養解析レポート(オーソモレキュラー療法)のご案内

もしかして、私、○○不足・・・?

以下の項目の中で、該当するものをチェックしてみましょう。
さまざまな心と身体の症状と栄養の状態は、とても関係があります。

西洋医学で『不定愁訴』と十把一絡げに軽んじられている身体からの

わずかなシグナルに耳を傾けて、未病かそれ以前の段階で予防することが

できれば、癌や難病に”!!突然??”襲われることなどあり得ないのです。

予防に予算を計上することは、将来の大病に支払う費用の1/10以下である

と真理渡部は確信するようになりました。

そして、この考え方が統合医療の本質のひとつです。

また、『私は大丈夫!』と自信たっぷりのあなた(=^▽^=)こそ、その自信

の根拠のお墨付きを手にしてみませんか?

そして、オーソモレキュラーのもうひとつの特徴はメンタルヘルスにもかなり

短期間で効果を感じられることです。

薬づけは嫌だ、一生薬を飲み続けなければいけないのだろうか?と

疑問をお持ちの方に脳の栄養療法を試してみていただきたいと思います。

 

さあ〜、心や体からの”ささやき”をチェックしてみましょう。(^o^)丿


10項目のうち3項目以上が該当すると鉄欠乏の可能性が大です!

  • たちくらみ、めまい、耳鳴りがする
  • 肩こり、背部痛、関節痛、筋肉痛がある
  • 頭痛、頭重になりやすい
  • 力が弱くなった
  • よくアザができる
  • のどに不快感(つかえ感)がある
  • 階段を上ると疲れる
  • 夕方に疲れて横になることがある
  • 生理前に不調になる
  • 生理の出血量が多い

10項目のうち3項目以上が該当すると亜鉛欠乏の可能性が大です!

  • 風邪をひきやすい
  • 洗髪時、髪が抜けやすい
  • 食欲不振になりやすい
  • 肌が乾燥しやすい
  • 傷の治りが悪い、跡が残りやすい
  • 爪に白い斑点がある
  • 味覚や嗅覚が鈍い
  • 性欲が落ちた
  • ネックレスなどで皮膚炎が起こる
  • 傷や虫刺されが膿みやすい

 


10項目のうち3項目以上が該当するとタンパク欠乏かも?

  • 肉や卵などはあまり食べない
  • 野菜中心、あるいは和食中心である
  • 豆腐、納豆などの大豆食品をよく食べる
  • ご飯やパン、麺などで食事を済ませてしまう
  • 成長期である
  • 妊娠、授乳中である
  • ステロイド剤を使用している
  • スポーツをする。あるいは肉体労働である
  • 胃薬をよく使う
  • 腕や太ももが細くなった

10項目のうち3項目以上が該当するとビタミンB欠乏

  • アルコールをよく飲む
  • 音に敏感だ
  • イライラしやすい
  • 集中力が続かない
  • 記憶力が衰えている
  • よく悪夢を見る
  • テレビがわずらわしい
  • 読書しても頭に入らない、興味がなくなった
  • 寝ても疲れが取れない。とにかく疲れる
  • 口内炎がよくできる


どの栄養素が、どのくらい不足しているのか?
それを知る方法が「栄養解析」です。

そして、その材料(栄養)不足によって脳内や身体内で起こっている代謝の異常

(生体内の生命反応である酵素反応の異常)まで、丸見えになります。

この名探偵コナンのような推理を利用して行う治療法のことをオーソモレキュラー療法

というのです。この科学的推理が的中すると嘘のような劇的な結末が訪れます。

 

⇒あなたに合ったサプリメントを処方

▲このページのTOPへ

松江・ご家庭のホームドクター/再発防止(長持ち)歯科医療/統合医療