機能訓練と上顎の側方拡大

機能訓練と上顎の側方拡大とにより、比較的短期間に成長・発育した男の子(の模型)10歳 11歳 13歳  です。

機能訓練と上顎の側方拡大

針金の装置はクウォードヘリックスという側方拡大装置で、幅径は使用終了時のもの。この装置が功を奏しているのが、一目了然ですね。

針金の装置はクウォードヘリックスという側方拡大装置

▲症例の「TOPへ

咬合誘導の例

わずか9か月で咬合誘導できた例

徒手矯正、機能訓練等の本人の努力のみ

わずか9か月で咬合誘導できた例

▲症例の「TOPへ  

12才女子

12才女子(成長の終わり頃)でも、ある程度 成長・発育を伴って治すことができる。

ある程度 成長・発育を伴って治すことができる

▲症例の「TOPへ

顎の骨の中で起こった歯の根の吸収の例とそれが回避できた例

10才まで生えてこなかった犬歯が乳歯だけでなく永久歯の根も溶かしてしまった例

10才左右犬歯の(萌出方向、萌出位置)の異常

 左右犬歯の異常

 

 

6才の時

歯が大きく顎が小さいので骨の中で重なってしまっている歯
   
 

無事に下の前歯4本が生えそろった!

   

歯が大きく顎が小さいので骨の中で重なってしまっている歯   下の前歯4本が生えそろった
 image013.gif   image015.gif 
隣の歯の根を吸収し(溶かし)そうになっている歯 image014.gif 下の前歯4本が生えそろった

下顎前歯の萌出方向・位置の異常により、隣の歯の根を吸収し(溶かし)そうになっている歯 。急に傾いてきたときに気づかなかったら、上の例と同じになっただろう。

 

矯正装置によりなんとか歯の根を溶かさない方向に変えることに成功。

(本人も機能訓練を頑張って・・・)

▲症例の「TOPへ

松江・ご家庭のホームドクター/再発防止(長持ち)歯科医療/統合医療